診療方針

当院の診療方針です。

人が生きるためには、心と体の健康が重要です。心の病気は、体の病気に比べてわかりにくく、患者さんも自覚できない場合も多く、ご家族も気づきにくい病気です。

その原因として、心の病気は体の病気と異なり、血液や尿検査などでは診断できないからです。そのため、現代の心の医学では、頭部MRI・脳波・光トポグラフィーを用いて客観的な検査を利用して診断の精度を高めようとしてますが、未だ満足できるレベルには至っていません。

そのため、心の病気の診断において重要なことは、患者さんやご家族からの情報が大変重要になってきます。そこで当院では、初診では原則患者さんとご家族に来院していただき診察を進めていきます。受診していただいた皆様からの情報に基づき診断し、治療方針を提示し診療を進めていきます。